Point

今回は、左手で5,6度を交互に動かして、右手ではミクソリディアンスケールを重ねて作ったコードを移動させるパターンです。
 
左手も右手もメロディが変化するので、最初は片手ずつゆっくり練習しましょう。それが慣れてきたら、両手を合わせましょう。
更に、両手でのパターンが体に入ってきたら、実際の楽曲で使ってみましょう。
 
 
 
 

 
実践的な音楽理論がアレンジの幅を広げる!
 
 
ピアノ弾き語り教室では、ワンパターンな伴奏から抜け出すアレンジノウハウを一からレッスンしていきます。
興味ございましたら 体験レッスンを受けてみて下さい。
 
体験レッスン申し込み