Point

今回はBoogie Pianoの弾き方を紹介します。
 
左手では、R,3,5,6,b7を使います。
ですので、まずはメジャースケールを見つけて7番目を半音下げます。
このミクソリディアンスケールを確実に探す事が大切です。
右手では、8分裏から表、表から裏のリズムパターンを使います。
 
 
ピアノ伴奏のリズムパターンの引き出しをどんどん増やして、カッコイイピアノ弾き語りが出来るようにしていきましょう!
 
 
 

 
伴奏パターンを公式化する事でパターンを増やそう!
 
 
ピアノ弾き語り教室では、ワンパターンな伴奏から抜け出すアレンジノウハウを一からレッスンしていきます。
興味ございましたら 体験レッスンを受けてみて下さい。
 
体験レッスン申し込み