プチレッスン

2016年10月11日

耳コピのやり方を紹介

コツを掴めば絶対に出来る!
  耳コピ
 
耳コピは手順さえ間違えなければ、誰でも出来るようになります。
ここでは、『ギター弾き語りのコードを拾えるようになりたい』という方の耳コピの方法を紹介していきます。

まずは、構成表を作ります。これは、「森を見て木を見よ」の発想で、全体をある程度把握してから、コードを拾うようにする為です。
いきなり音を拾って、分からない場合は簡単に諦めてしまうものです。ですので、まずは1コーラスの流れがどのようになっているかを把握しましょう。自分の手を動かす事で、脳への定着も早くなっていきます。

次には、ベース音を拾っていきます。この時のポイントはベース音を声に出す事です。声で正しい音程が歌えていれば、必ずベース音が何の音かが分かります。

最後にコードを見つけます。ここでは、ダイアトニックコードを中心に、セカンダリードミナントやマイナーキーからの借用コード、分数コードなどを頭に入れておきます。
そうすると、そのコードの中から当てはめる事が出来ていきます。

ざっと、この様な流れになります。一番大切な事は構成表を作る事です。この作業は、時間も掛かりませんし、楽器がなくても出来るので、どんどん実践してみて下さい。

実際の楽曲で上手く拾えないコードがある、合っている様な気もするが何か違う、などございましたら、プライベートレッスンをやっていますので、一度体験レッスンを受けてみて下さい。
 

手順をしっかり覚えて、実際にやってみよう!