プチレッスン

2016年10月14日

グルーヴ感を付ける方法

ギター弾き語りで、歌もギターも間違っていないのに、カッコ良く聴こえない場合、原因はほとんどがグルーヴ感になります。
  リズム
 
 
グルーヴ感って一体何?どうやったら付くのか?難しい部分ですね?
 
今回紹介する方法は、ギターの 裏側を意識する事です。
 
バンドの一番重要なリズム隊の ベース、ドラムを自分の中に持たせる練習です。
 
体の中にベーシストとドラマーが入ったら、後は一緒にセッションしていけばグルーヴ感が出てきて、のっぺりとした演奏と縁を切る事が出来ます。
 

一人バンドをやっている意識に変えるとグルーヴ感は付いてくる!