ギター弾き語り用ではない楽曲の伴奏の作り方

ギター弾き語りに適した楽曲の場合は、伴奏も作られたものをコピーすれば良い雰囲気になります。しかし、世の中のおおよその楽曲はBANDスタイルで演奏されています。
その曲をギター弾き語りで演奏しようとすると、どのように伴奏を弾いたら良いか?難しくなります。

なぜなら、BANDにはドラム、ベース、ギター、ヴォーカル、キーボードなど沢山の演奏者がいて楽曲の雰囲気を作っているのに、ギターと歌だけになると、当然薄くなってしまうからです。
コードを覚えて、歌ってみて「こんな感じで良いだろう」と自分では思っていても、実は的を得てなかったりするものです。

なので、どうやってBAND全体の感じをギターと歌だけで表現出来るのか?をしっかりと考えてみましょう!

動画を見ながら、伴奏作りの面白さ、奥深さなどに気付くともっと楽しめますね!