ギター弾き語り教室について

教室について

パフォーマンスとしての弾き語り

誰でも簡単に始められるギター弾き語りですが、人前で演奏するとなると様々なテクニック、アイデア、ノウハウを学ぶ必要があります。しかし、実際には自分のやり方から脱出出来ない方も多く見受けられます。
新しい考え方を学ぶ事は、新しい発見でもあります。今まで、苦労していた事が簡単に出来るようになったり、新しい可能性を発見出来る事もあるでしょう。
ギター弾き語り教室では、実践テクニックを分かりやすく学べるので、どんどん上達出来ます。


レッスン特徴

実践を・細やかに・わかりやすく

独自のカリキュラムにより基礎から楽曲への応用まで、丁寧に楽しく学べます。

 
プロで活躍する方々はほとんど実践の中でテクニックを学びます。
その知識や技術は、中々知る事が難しいのが現状です。
基礎というのは、実践ありきの基礎でなければいけません。
それが、何の役に立つか分からないものは基礎とは呼べません。
弾き語りは人に聴かせて、ちゃんと届いてこそ意味があると思います。
一つ一つの内容を頭で理解しながら、実践で使える(応用)ように、練習する(基礎)
これが、ギター弾き語り教室のレッスンの特徴です!


上達ノウハウ伝授

動画レッスン集

邦楽

New2017年01月26日

【僕らの音】Mr.Children

Mr.Children 僕らの音の弾き方を紹介します。
まずは、コード進行を覚えましょう。
コード進行を覚えて歌えば弾き語りになります。
次に慣れてくれるギターの弾き方もカッコ良くしたくなるものです。
動画では、カバーする時に役立ちそうなテクニックも紹介しています、是非参考にしてみて下さい。
洋楽

New2017年01月25日

Cyndi Lauper Time after time

Cyndi Lauper Time after timeの弾き方を紹介します。
まずは、コード進行を覚えましょう。
続きを読む
伴奏テクニック

New2017年01月19日

ギター弾き語りレッスン【バラード伴奏の作り方】

ギター弾き語りでバラードを演奏する時に、伴奏が一本調子で退屈になってしまう事が良くあります。
テンポがゆっくりなので、伴奏を工夫してあげないとリスナーにとって苦痛になってしまいます。
バラードの伴奏を作る時のポイントを2点紹介します。
1,最小リズムと大きなリズムの両方を感じながら演奏する。
続きを読む