Point1

ピアノ弾き語り伴奏で、単純なパターンしか弾けないとマンネリ化してしまいます。
 
カッコイイパターンを弾くには、右手と左手で違うリズムを弾けるように独立させたいものです。
 
ここでは、右手と左手で違うリズムを弾く為の練習のポイントを解説します。

1、左手と右手と別々に練習する。
2、リズムを声に出す。
3、リズムを鳴らしながら練習する。
4、ゆっくりのテンポから、右手と左手のリズムを合わせる。

「伴奏のコードパターンがいつも同じでつまらない」という解決策になっていくのではないでしょうか?しっかりと身に付けて、他の楽曲やオリジナル曲でのピアノアレンジにも取り入れてみて下さい。
 
 

ピアノ弾き語り教室では、実践で使えるテクニックを一からレッスンしていきます。
興味ございましたら 体験レッスンを受けてみて下さい。
 
体験レッスン申し込み