Point

Beatles Let It Beなどに使われる、左手ベースラインでのグレイスノートの使い方を覚えましょう。
 
まず、覚えて欲しいのはターゲットノートと寄り道を分ける事です。
ただ、音を増やすのでは上手く機能しません。
ターゲットノートに対して、寄り道をする、という感覚が大切です。
そして、ターゲットノートの元のリズムを変えない、という事も大切です。
 
 
基本を理解しながら、どんどん寄り道出来るようになると、音楽的にかなり向上しますので是非取り入れてみて下さい。
 
 
 

 
ターゲットノートと寄り道を分けて考えよう
 
 
 
 
 
ピアノ弾き語り教室では、実践で使えるテクニックを一からレッスンしていきます。
興味ございましたら 体験レッスンを受けてみて下さい。
 
体験レッスン申し込み